<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< おひなさまの茶巾寿司 | main | スマイル5月号より〜揚げ春巻きいろいろトッピング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
スマイル4月号より〜レンジで洋風茶碗蒸し

茶碗蒸しというと、作るのがなかなか面倒なイメージじゃないでしょうか。
ダシをとったり、具の下ごしらえに、蒸し器の準備などなど。
そんな面倒な手順を省いて、思い立った時に家にある材料で作ることができる
簡単で手軽なレンジ茶碗蒸しのレシピです。
卵液には牛乳を使ってヘルシーで、ちょっと洋風。
なのでお子様にも食べやすい感じ。
牛乳使ってるので、カルシウムもとれるしねと(*´ω`)
牛乳が苦手な人でも大丈夫な味だったりします。
今のところ、牛乳苦手(アレルギーとかでなく、味でね)な人でも大丈夫でした。
意外にも、ちゃんとご飯のおかずに合う味わいに出来上がりますよ。
と言いますか…私は
ご飯の上にこれをグチャっとのせてかきまぜて
わっしわしと行儀悪く食べるのが好きなのは内緒です(笑)
野菜たっぷりの、ほくほくタマゴご飯みたいな感じなんで
自宅で自分だけのお昼ご飯なんかには、おいしくかっこんでおりますよ。

器も茶碗蒸し用の容器がなくてもOKです。
レンジ可の器に、ラップ(実はアルミでも…後述してます)のフタでできます。
グラタン皿や、ココットの器、マグカップなんかでもできちゃいます。

【基本の卵液の分量】約2人分
・卵…1個
・牛乳…180cc位(卵液の3倍)
・市販のスープの素…小さじ1〜2弱

【基本の作り方】
【1】
卵をボウルに割り入れて、箸で溶きほぐします。
卵の白身が見えなくなるまでよーく溶いてください。

どうしても白身が残るなら、茶こしなどでこしてもいいです
と言うか、漉(こ)しますと
茶碗蒸しの仕上がりが、なめらかになるですよ。
こさなくても、普通に美味しいので
私はお客様用とか、気が向いたときにしかこしません。
それか、なめらかになりたい気分の時ね。こします。

【2】
【1】で溶きほぐした卵液の量を計量します。
計量カップに、ちゃぽっと入れちゃってはかるのが簡単かな?
計量カップがなくても、同じ位の太さのコップ二つを用意して並べて
片方に卵液、もう片方に牛乳をと…
牛乳の分量は
卵液の3倍の量の牛乳を用意します。
この比率が、この茶碗蒸しの分量の基本かな。
何人分になっても同様です。
かと言って、きっちりでなくてもいいですよ。
多少の誤差は大丈夫。
ちなみに卵の量が多いと固めに、牛乳が多いとやわらかくゆるめの茶碗蒸しができあがるので、お好みであえて分量の比率を変えるのもアリです。
また目安として…卵1個分の卵液で大体60CCなので、牛乳は180CC使用します。


【3】
牛乳を鍋に入れて、弱火で温めます。
沸騰させないように、ごくごく弱火で。
市販のスープの素を入れて、まぜ溶かします。
180CCで顆粒のコンソメスープの素小さじ2〜3位を目安に。
顆粒が手軽ですが、固形のものを砕いて入れてもいいです。
コンソメスープの素でなく、ブイヨンなど洋風ダシならお好みでなんでもいいです。
味の加減は、牛乳スープを一口飲んでみて美味しければいいですよ。
茶碗蒸しに仕上がってみてから味が薄かったり、濃かった場合の救済策も一応あります。
濃い味付けになるより、薄味な方がフォローが簡単なので…悩んだら薄いかな?くらいのほうがいいかも。
ちなみに、具が味付きの場合は牛乳スープは薄味にしたてましょう。


【4】
【3】の牛乳スープを火からおろして、人肌程度にまで冷まします。
冷ましている間に具の準備をしましょう。

具の例としては
・ハムやベーコンを小さく切ったもの
・ウインナーをスライスしたもの
・缶詰のコーンやツナ
・エリンギやブナピー、しいたけ、しめじ等々お好みのキノコ
・ホウレンソウをゆがいたもの(ひと手間かけてしょうゆ洗いにしても)
※しょうゆ洗いは、【鶏そぼろとホウレンソウの簡単キッシュ】
ホウレンソウを塩を入れた熱湯で湯がいて、冷水に通します。
しょうゆ少量(分量外)でホウレンソウ全体をさっと洗うようにします。
水で軽くすすいだ後、ペーパータオルなどを使って、きっちりと水気をきっておきます。
を参考です。
・ブロッコリーやアスパラは熱湯で心持ち固めにゆでたもの
 …もしくはラップしてレンジで30秒ほど加熱したものでも
・プチトマトを食べやすいように4等分の櫛形などに切ったもの

具の分量は結構アバウトでも大丈夫ですよ。

【5】
卵液と冷めた牛乳スープを静かに混ぜあわせます。
このとき泡立てないように注意です。
ここで泡立ててしまうと、茶碗蒸しにすがたってしまいます。
茶碗蒸しの表面がなめらかに仕上がらないのですね…
味には影響ないので
自宅で身内だけで食べる分にはかまわないっちゃかまわないのですが。
卵液と牛乳スープをあわせたものをレンジ可の容器に注ぎ入れ、具も入れます。
フタはラップ(楊枝で穴をいくつかあける)で構いません。
大きいレンジなら、アルミのフタが実はラップより自分的にはいいんですね。
レンジでアルミは使えないといいますが、レンジの内部にアルミが触れないなら大丈夫なんですよ。
器とレンジの内部の大きさがギリギリだと危険なのですが、ゆとりのある大きさなら
アルミのフタに、楊枝などで数個穴をあけてフタをしたのがいい感じでした。
ちなみに、私はもっぱらアルミでフタしております。
でも、勿論ラップでも遜色ないです。
使いやすい方でどうぞ。
ただし、小さい穴をあけるのは大事かもです。
レンジだけでなく、茶碗蒸しは温度が80度超えるとスがたってしまうので
蒸気を逃がしつつ、蒸すのが大事なんですって。

レンジの弱で8〜10分位加熱。
お使いのレンジによっても加減が変わるので、表面が固まるまで様子を見る。特に6分すぎたあたりからこまめに見て。竹串等で刺し透明な汁が出れば火が通っているという事で。

火加減が難しいのですが、
ぶっちゃけますと、生で食べてもいい具を使えば
茶碗蒸しは、ゆるゆるでもおいしいですし
(もともとは吸い物のかわりとしてたらしいですし)
固くなっても、オムレツみたいでおいしいですしよ。
何回か試して、お好みの固さを見つけてくださいね。


| comments(0) | trackbacks(0) | Smile4月【レンジで洋風茶碗蒸し】 |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://pecopecok.jugem.jp/trackback/60
トラックバック