<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ロールチキンのブッシュドノエル風【サンタの作り方…】 | main | 時期の特集なんて、どうでしょう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ロールチキンのブッシュドノエル風

クリスマス向けに、でも簡単に作れるチキンな一品ですよ。
でも、ちょっとソースはあれこれチマチマと混ぜます。
と言っても、全部市販の調味料なので簡単なのです(*´ω`)
飾り付けには、サンタのウィンナーに
ブロッコリーや、キノコ
花形に抜いたニンジンや、星の形にしたとけるチーズ。

【材料】
・ 鶏胸肉…1枚
・冷凍フライドポテト…4〜5本
・ミックスベジタブル…大さじ2
・白ワイン…200cc
・塩・こしょう…少々
〔↓ソースの材料↓〕
・生クリーム…100cc
・〔A〕ハチミツ…大さじ1/2
・〔A〕マスタード(粒)…大さじ2
・〔A〕マヨネーズ…大さじ1弱
・〔A〕レモン…小さじ1
・〔A〕ソース(中濃)…小さじ1
・〔A〕しょうゆ…小さじ1
・〔A〕ケチャップ…小さじ1

【作り方】
【1】
冷凍フライドポテトを油(分量外)を熱したフライパンでこんがり炒めます。
後で加熱するので、中までしっかり焼けなくてもOKです。
表面に焼き目をつけて香ばしさを出したいのですね。
焼けたら、フライパンからお皿などに移してそのまま置いてあら熱をとります。

【2】
鶏胸肉の準備をします。
鶏の皮が苦手な方はとってしまっていいです。
鶏の胸肉を観音開きにして広げます。
観音開きの仕方も一応…
胸肉の真ん中に厚みの半分くらいまでの切り込みを入れます。

この切り込みから左右に両方ともに、そぐように包丁を入れます。
切り落とさないように注意です。

それを両側に開きます。

肉に厚みのある部分は包丁の背などでたたいて、全体が均一に薄くなるようにします。

これは、厚みのある肉を薄くして調理する際にします。
両開きの扉を開くようにするので、観音開きというそうです。
今回は鶏胸肉で具を巻くのでそのために。

それでは、肉全体に軽く塩・こしょうしておきます。
軽くもみこむようにします。
【3】
フライドポテトとミックスベジタブルを鶏肉の中央にのせます。
先にフライドポテトを置いて、その上にミックスベジタブルを散らすようにのせます。

中の具を包むように巻きます。

巻き終わりを何カ所か楊枝でとめます。

裁縫のとき、布をマチ針で仮留めするような感じで。
【4】
油(分量外)を熱したフライパンで【3】を強火で、焦がさないように転がしながら焼きます。

と言ってもずっと転がし続けるのではなく、肉に焼き目をつけながらじっくり転がしていきます。
焼き色がついたら、ちょっと転がして別の面に焼き色をつけていくという感じです。
全体に焼き色がついたら、白ワインを入れてフタをして弱火で蒸し煮に。

白ワインを入れた時点で、型抜きをしたニンジンを一緒に煮込んでもいいです。

肉は時々(2〜3回でいいです)上下をかえします。
【5】
肉を煮込んでいる間に、ソースを作ります。
ボウルに〔A〕の材料を混ぜたところに生クリームを入れてよくまぜます。


【6】
ロールチキンを20〜30分位蒸し煮にしたら、鍋に【5】のクリームを入れます。

さらに15分くらい弱火でひと煮して、最後に塩・こしょうで味を整えます。
器に盛り、クリームをからませながらいただきます。

飾りつけをすると、クリスマスのごちそうっぽくなります。
ブロッコリーは塩を入れた熱湯でゆでたものを。
キノコ(写真で使ってるのは、マッシュルーム(生)とブナピー)はバターでソテーしたものをお皿に飾りつけます。
プチトマトも、軽くソテーしております。
上からソースをちょっとかけると、雪が積もった感じになるかなと。
星は、とけるチーズのスライスのものを型抜き。
今回は、最近お気に入りの小岩井のクリームチーズのスライスのものを使用。
チーズのとけかかったのが、肉や野菜にソースと一緒にまぶして食べると濃ゆくていいのですよ。

お料理のブログのランキングに参加してみてます。
よかったら、一押しください。
にほんブログ村 料理ブログへ
沢山の美味しそうな、お料理のブログさんもありますよ。
| comments(0) | trackbacks(0) | Smile12月【ロールチキンのブッシュドノエル風】 |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://pecopecok.jugem.jp/trackback/45
トラックバック