<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
スマイル6月号より【のせのせ豆腐シューマイ】


スマイル6月号のレシピはレンジで作る簡単・ヘルシーな豆腐のシューマイでした。
更新が滞ってしまっててすみません。
一旦更新が滞ってしまうと、罪悪感からブログの確認さえもあえて避けるようになり更に更新が滞るという悪循環。
いけませんね。反省せねばと、ここ数日で一気に怒濤の更新いたしました。
で、この豆腐シューマイですが。
とにかく簡単手間いらずにと、シューマイの皮は細く切って上にのせるだけの成形いらずです。
なので、キレイに包む技も不要なのですね。
刻んだキャベツの上にシューマイをのせラップしレンジでチン。
キャベツをひくのはシューマイが器にくっつくのを防ぐためもあるのですが…
このキャベツにぽん酢をつけて、ムシャムシャ食べるのがおいしかったりいたします。
なにげに野菜がとれてしまうのでいい感じぴかぴか
シューマイのタネも豆腐の分量が多めなので、ヘルシーでさっぱり味です。


約2人分の分量です。
【材料】はシューマイのタネの材料です。
木綿豆腐      100g
鶏ひき肉       50g
しょうがの絞り汁  大さじ1/2
しょうゆ      大さじ1/2
ごま油      小さじ1/2
片栗粉       大さじ1
●シューマイの皮    5枚程度
●キャベツの葉      1、2枚

【下ごしらえ】
■豆腐の水気をきっておく■
豆腐はペーパータオルでふくなどして、水気をよくきっておきましょう。
ただ多少水分がないと調理しにくいので、完全に水をきらなくてもいいです。
表面の水気をふいた後、木のまな板やペーパータオル、ザルの上などに置いておくだけでいいです。
重しをのせたりなどはしなくても大丈夫ですよ。
■キャベツの千切り■
キャベツを大きめの千切りに刻み、冷水につけシャキっとさせます。
氷水でもいいですよ。
水からあげた後はザルなどにあげておいて、よーく水気をきっておきましょう。
■しょうがを絞る■
しょうがの香りのいい部分は皮のすぐ近くです。
ですので包丁で厚く皮を剥いたりするのは勿体ないので…スプーンや包丁の背の部分で薄くこすげる程度で。
皮をこそげたしょうがを、おろし器ですりおろします。
それをギュッと(手でもいいですし、清潔なガーゼなどを使ってもいいです)絞ります。

【作り方】
【1】
豆腐・鶏ひき肉・しょうがの絞り汁・しょうゆ・ごま油をボウルなどに入れて混ぜ、よくこねます。
全体がまざったら片栗粉を加えて更にこねます。
タネがまとまってきたら、6等分にわけ丸めましょう。

【2】
キャベツを耐熱容器にひきます。
その上に【1】をのせます。

シューマイ同士がくっつかないように並べましょう。


【3】
シューマイの皮を、縦に8等分程度(5mm幅くらい)に細く切ります。

包丁でも、キッチンはさみででもいいです。
食材を切る用のキッチンはさみがあると手軽で便利だったりします。
手軽に海苔やネギなどを刻めるので、私はつくづく手抜きだなーと自分で思いつつ重宝してます(笑)

これを【2】のシューマイの上に覆うように何枚かのせます。

【4】

ラップをして、レンジで約5分程度加熱し出来上がりです。
お好みで、ぽん酢・辛子・酢醤油などをつけて食べましょう。
山わさびの醤油漬けなどをつけても美味しいです。


※シューマイの上に缶詰のコーンやグリーンピースをのせてからレンチンしても彩りがきれいです。
※レンジはお使いのものによっても加減がかわります。見ていて、ラップがふくらんできたら加熱をとめましょう。
※中まで火が通ってるかの確認は竹串でさしてみて、なにもついてこなければOKです。
※細く切ったシューマイの皮が余ったら、スープなどに入れても食感が楽しいですよ。
また、このシューマイのタネをシューマイの皮でワンタンみたいに包んでスープの具にしても美味しいです。

お料理のブログのランキングに参加してみてます。
よかったら、一押しください。
にほんブログ村 料理ブログへ
沢山の美味しそうな、お料理のブログさんもありますよ。
| comments(0) | trackbacks(0) | Smile6月【のせのせ豆腐シューマイ】 |
| 1/1PAGES |